おひさまブログ

« 2011年06月 | おひさまブログトップ | 2011年08月 »

2011年07月 アーカイブ

2011年07月07日

七夕

七夕の日はみんなの願い事をお星さまに聞いてもらう日〜
各クラスの笹には願いごとのかかれた短冊がいっぱい吊るしてあります。

幼児組さんは自分で一生懸命書きました。
・毎日元気に遊べますように〜
・ばいきんまんとお友達になれますように〜
・おひめさまになれますように〜
・元気ににこにこくらせますように〜
・こんどうせんせいとけっこんできますように〜
・ひとりでじてんしゃのれますように〜
・バレーとピアノがじょうずになれますように〜
・サッカーせんしゅになれますように〜などいろんな願い事が
いっぱい!!

     ♪ささのは サラサラ
       のきばに ゆれる
       おほしさま キラキラ
       きんぎん すなご

       ごしきの たんざく
       わたしが かいた
       おほしさま キラキラ
       そらから みてる♪

乳児組さんはお父さん、お母さんがかいてくださいました。
・病気をせず元気に大きくなりますように〜
・早く歩けるようになってお友達と沢山あそべますように〜
・病気をせず元気に大きくなりますように〜
・いっぱい食べて元気に大きくなりますように〜
お父さん、お母さんの願いはみんな一緒…

私も短冊にかきました。
 〜世界中の子どもに幸せを〜

DSC00100.JPG

2011年07月11日

子育てフォーラム

今回の子育てフォーラムは。。。
「子育て三大目標とはなんだろう?」のテーマーで平野先生にお話していただきました。
内容の一部を紹介します。

・優しい心・賢い頭(バランスよく物を考えていける知識)・社会性…この3つの三大目標がバランス良く 育っているとどんな世の中に入っても生き抜いていける。
・プラス思考な言葉で潜在能力を引き出す。

○『私のメッセージ』を育児に取り入れてください。
・大声で叱るより小声で叱る…大声で一括するとこどもの心を閉じさせる。大事なこと程小さい声で叱る その方が効果的
・人とつながるともだち力…人とつながる勉強をいっぱいする。それは…お友達といっぱい遊ぶこと。
人づきあいを学び社会性が身につきます。友達と遊ばないと見えない学力が育たない。
・親だから出来る事…子どもが出来ることを親がやっていませんか?
・子どもは課題を残して成長する…子どもに悩みごとを抱えていても当たり前いくつになっても越えてい かなければならない壁は必ずある。その時の対処の仕方は人まちまち どんな壁にも乗り越えていけ るように小さい内にいろんな経験をさせてやる。

・子どものやる気に振り回されない…習い事にしても一旦始めたことはやめてはいけない。
 子どもが「イヤイヤ」でもやっていると必ず上向いてくる。が、3年やっても「イヤイヤ」だとその子にセン スがない。その子にそれが必要かどうかしっかり考える。

・自分を出来ると錯覚させる…ぼく一番と自分が出来ると思う時期 
・良い錯覚は本物になる…思春期までは子どもっぽい錯覚をおいておく。
・子どもの前で悪口をいわない…欠点を指摘するようなことや人の批判をいわない
・他責の考え方は要注意…人のせいばかりにすると親子で成長せず取り残される
・態度教育のすすめ…最低限の決まりをつくる
 例として 書き方教室→正座をさせる→ルールを決める→勝手に喋らない。            
 すると一連の動作で心が落ち着く 叱らなくて良い 静かな中で勉強が出来る

平野先生のお話を一部紹介しましたが本当に子育てについての素敵なお話ばかり〜
私も先生のお話を聞かせていただきながらいろんなことを感じました。
お母さんはどんなことがあっても「わが子はいいこです。」と信じ言い切ってあげられる存在でいてください。子どもの性格や性質のすばらしい点、頑張ったことをほめてあげてください。言葉には心をプラスにする力もマイナスにする力もあります。
いつも子どもの心を前向きにする「プラスの言葉」を語りかけていきましょう。

参加してくださった方の感想です。全員のみなさまの感想を紹介できなくてすみません。平野先生には必ず読んでいただきます。

・先生のお話は、目からウロコだった。 自分の育児にあてはまることばかりで、お話を聞いていても   時々泣きそうになった。 わかっていても、つい、大声でどなったり、子どもを素直にほめてあげられな かったり、ただただ反省す ることだかりだった。

・今回はじめて参加させて頂いたが、今日のお話をしっかり心にとめて、忘れず、今日からの育児に少  しずつでも活かせるように、自分に言い聞かせたい。
 とても貴重な時間だった。 先生みたいな大人がたくさんいれば、未来を担う子どもたちはとても幸せ な環境で自分の力を発揮していけると思う。

・先生のお話を聞いていて、自分の育児を振り返り、はっとさせられました。
 叱る時も大きな声で威圧的に叱っていたり、砂遊びもこっちが汚くなるしと避けていたり…といつも「私 メッセージ」だったなと反省しました。
 今しかできないこと、親だからできる事、常に念頭において育児をしていきたいと思います。将来有望 な子どもにするために親しかできないことあるんですね。
 「自分はできると錯覚させる」「よい錯覚は本物になる」よいうお話は本当にためになりました。さっそく 参考にして、できるだけのことをしたいと思いました。今日のお話を忘れず、また、子育てにはげもうと 思います。あろがとうございました。また次回の態度教育のお話が楽しみです。

・4歳半と2歳半の娘がおります。
 初めて受講させていただきましたが、見えない力ではなく、見える学力ばかり気にしている事に気付  かされました。
 頭ごなしに「何回も言っているのに…」と叱っている事も多くなってきた事に悩んでいましたので、とて も良い勉強になりました。気持が少し楽になった気がします。有難うございました。

・私は5才の女の子一児の母です。
 子育ては楽しいですが、大きくなるにつれ大変難しくなっていくと思います。が、日々子どもとの接し方 であまり苦労なく育てられる気もしています。
 生活に決まりやいろんな体験を重ねることによって・やさしい心 ・賢い頭 ・社会性をつけ、自立でき る大人に育てられるよう、親自身も成長すること、心に余裕を持って怒る時、ほめる時etc(演じるくらい の…(笑))接していけたらいいですね。今日は本当に勉強になりました。有難うございました。

・毎回、子どもの叱り方、反省させられます。
 私メッセージためしてみます。
 悪い事だかリ目に付き、ついつい怒ってしまうので、良い事たくさん見つけてたくさんほめてあげたい  なぁと思います。ありがとうございました。

・いつも子育てについて、悩んでいる時、先生のお言葉(お話)を聞いて、こういうふうに言葉がけしたら いいんだと参考になります。今回もただ叱る、ほめるのではなく具体的なやり方を教えて頂けて良かっ たです。家でも早速態度教育、実践していこうと思います。ありがとうございました。

・今日も涙が出るくらい感動するお話を聞かせて頂きました。
 また、即実践したいと思う。“どろんこ遊び”“態度教育”などなど沢山いいお話が聞けて充実した時間 を過ごさせて頂きました。親としてこれを無駄にすることなく、活かしていきたいと思います。

・今日も楽しみに来ました。
 今日の「自分は出来ると錯覚させる」。本当にその通りだと思いました。
 出来ない事を頑張ってやっている時、「絶対出来るよ!」と応援していました。
 そして出来た時の子どものうれしそうな顔、今でも忘れられません。
 親が出来る!と思う事はとても大切ですね。今後もプラスの言葉をたくさんかけたいと思います。

平野先生良いお話を沢山していただき有難うございました。あっという間の2時間でした。
次回は9月9日(金)です。少し間が空きますが楽しみに待っていてくださいね。
2週間前からの受付です。沢山の参加お待ちしています。

DSC00105.JPG DSC00104.JPG


2011年07月15日

7月誕生会

きょうは ぼくの たんじょうび〜
きょうは わたしの たんじょうび
〔乳児組〕
しゃぼんだま…こうきくん ひろとくん Mちゃん

ふうせん1組…まほちゃん みなちゃん りょうたくん しどうくん

DSC00140.JPG


2組…ようだいくん Kくん あつしくん かんじくん

DSC00142.JPG

ききゅう1組…Rくん かずきくん

DSC00133.JPG


2組…○○ちゃん ゆうまくん りくくん

DSC00135.JPG


こんなに大きくなりました。 
お話も上手に出来るようになりましたよ。
お洋服も自分で着られるようになりました。
1つ大きくなって出来ることが増えてきました。

〔幼児組〕
よっと1組…I ちゃん 2組…Bちゃん
ひこうき1組…そうくん  2組…ろうたくん

DSC00151.JPG

ろけっと1組…○○くん かずよしくん ○○くん
    2組…ののちゃん あゆちゃん

DSC00148.JPG


また ひとつ 大きくなりました。
ステキなお兄さんお姉さんになりました。
 25人のお友達 〜おめでとう〜おめでとう〜♡ 
これからも人や物を大切にする心 思いやりのある優しい心を持って
幸せに大きく育ってください。

     パパとママのたからもの
                    サム・マクブラットニイ
     くまの親子のお話です。

     むかし あるところに
     かあさんぐまと
     とうさんぐまと
     さんびきのこぐまがいました。
     いちばんめの おにいちゃん。 
     にばんめのおねえちゃん。
     さんばんめのぼうや。
     さんびきは おなじばんに うまれました。
     パパと ママは よる、みんなを ねかしつけるとき、
     いつも おなじことを いいます。
     「おやすみ、せかいで いちばん
     かわいい こぐまたち!」
     あるよるの こと、 ママは いつものように
     「せかいで いちばん かわいい
     こぐまたち!」と、いいました。
     でも、そのよにかぎって こぐまたちは
     なんだか ふしぎに おもいました。
     「どうしてわかるの?」こぐまたちは
     ママに ききました。「どうして、ぼくたちが 
     せかいで いちばん かわいいって 
     ママにはわかるの?」
     「それはね、 パパが いったからよ」
     かあさんぐまは いいました。
     「あなたたちが うまれた よる、パパは
     あなたたちを みて こう いったの〜
     『こんな かわいい こぐまたちは
     みたことない。せかいじゅうの 
     だれが みたって、そう 
     おもうにきまってる!』って
     それを きいて さんびきの こごまは 
     うっとりしました。みんな すっかり 
     まんぞくして、ねむりに つきました。

         世界でいちばんすきだよ!
         世界でいちばんかわいいよ!

   お父さん、お母さん こどもがいつもしあわせと感じる言葉かけを
   してあげてくださいね。

DSC00155.JPG   DSC00157.JPG

About 2011年07月

2011年07月にブログ「ひかりだい保育所のおひさまブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年06月です。

次のアーカイブは2011年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34