おひさまブログ

« 2009年02月 | おひさまブログトップ | 2009年04月 »

2009年03月 アーカイブ

2009年03月04日

三月 弥生

 一ヵ年の締めくくりの月、3月になりました。この一年は子どもたちにとってかけがえのない一年ですね。
 保育所生活の中で子どもたちは、好きの種をいくつ見つけたでしょうか・・・乳幼児期に「好き」なこと、「すき」なものをたくさん見つけることは大切ですね。
 好きの延長線に「やる気」の芽があります。乳幼児期は「パターン・ラーニング」の時期、周りの環境をそっくりそのまま吸収していきます。周りの大人の生活習慣、愛情や、言葉、宗教心・・・ありとあらゆるものを周りの環境から吸収し、成長していきます。ということは。。。周りの大人は、子どもにこうなって欲しいと思うその姿を努力してお手本として見せていかねばならないのです。
 子育てをするということは、その中で大人も生活を見直したり、生き方を振り返ってみたり、子どもと一緒に自分育てをすることではないかと思うのです。
 いろいろなものをパターン・ラーニングした後子どもは、自分の気持ちを外に表してきます。その姿をありのまま受け止めてあげたいですね。
 子どもに教えられる日々。子どもたちの心もひかりだい保育所にかかわる大人の方たちの心もいつも豊かにゆったりと。と、願います。
 hana.jpg

2009年03月06日

別れの月

 三月は春がきた喜びとともに、小学校へ行き、保育所と関係のある人たちとの別れの月でもあります。
サッカー教室の最後のレッスンがありました。 みんなで記念写真を撮り、元気でねーとさよならした後、女の子が号泣し出しました。
 「コーチと別れたくないよー。」
 コーチのお人柄が子どもに伝わり、今日の寂しい気持ちになったのでしょう・・・。巣立っていく子どもたちや全ての子どもたちが良い人にめぐり会い、良い本に出会い、より良い環境の中で育っていって欲しいと願います。
 それは、大人になっても同じこと。 『縁尋機妙 多逢聖因』という言葉があります。良い人に巡り合い良い縁が発展していくと、良い結果に恵まれるという意味です。良い人にめぐり会うためには自分も精進しないといけないのだと思います。いくつになっても日々努力だと思う毎日です。
 この一年、保育所にかかわって下さった講師の先生方は、本当に子どもの気持ちを良く捉え、それぞれの活動を充実させて下さいました。 ありがとうございました。
 c-20070311003113104.jpg

2009年03月10日

朝礼にて

 先生のひとこと。
 『家には、○○先生(職員)からもらったミニチュアダックスがいてとても可愛がっています。賢いのですが近所の犬や人にあまりにも吠えるので、最近ドッグトレーナーの人に来て貰っています。
 犬は、生後3ヶ月〜8ヶ月の間にいろんな人や犬に会わせておくと社会化の窓の機関が開き、成犬になってから人懐っこい犬になるそうです。私はその頃あまり人や犬に会わせなかったので社会性が乏しく、吠えてしまっているとのことでした。が、何回か来て貰う内に、初めは吠えてその先生に近づかなかった犬がおやつを食べるようになり、家族にしか「お手」をしなかったのですが、その先生にもするようになりました。今度ドッグカフェにデビューしようかと計画中です。
 先生は「今は、よしよしせずに、頑張ってねと後押しして下さいね。少しストレスはあると思いますが、次のステップに上がるためには少しのストレスも必要で、それを乗り越えたら自信につながりますからいっぱい褒めて下さいね。」と言っておられたのを聞き、保育にもつながる教えだなあと思いました。
  最近クラスで受けている体操教室では縄跳びが始まりましたが、「体操教室いやや。」と言う子どもが数人います。その中でとても嫌がる女の子がいました。そのままやらずに過ごすとどんどんやれなくなると思い、無理強いではなく側で言葉がけするようにしていると、初めは渋々という感じでしたが、ふとした時に少しできるようになり、「すごいなあ。できるやん!」と褒めると、それがきっかけで家にも縄跳びを持ち帰り練習したりして、嬉しそうに話しをしてくれるようになったようで、少し背中を押してあげることも必要だなあと思いました。
 これから先いろいろなことがあるだろうし、その度に「難しそうやけどやってみようかなあ。」、「やったらできたー!」と子どもたちが挑戦し乗り越え、自信につながる保育を日々していきたいなあと思います。』

 日常の毎日にやる気につながる場面がたくさんあります。それを見逃さずその子どもに返してあげる。それは、丁寧に子どもを見ていくことで積み上げられていくのでしょう。先生たちに感謝。そして先生たち、より高みを目指して仕事に励んで下さい。
 asiato.jpg

2009年03月31日

100回目のブログ

今年度最後の朝の集いがあり、子どもたち全員がホールに集まりました。
5歳児ろけっと組は4月から小学校へ。 0歳児から4歳児の子どもたちもみな進級の喜びでキラキラ目が輝いています。

子どもたちは来年度どんな出会いをし、どんなより良い体験を積んでいくのでしょう。

「会うべく人には必ず会える。それも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎず。」
こどもたちにとって会うべきより良い大人でありたいですね。

子どもの笑顔が私たちの宝です。
この光台が、いつも子どもの笑い声と笑顔でつつまれますように・・・。

About 2009年03月

2009年03月にブログ「ひかりだい保育所のおひさまブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年02月です。

次のアーカイブは2009年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34