おひさまブログ

« 2007年06月 | おひさまブログトップ | 2007年08月 »

2007年07月 アーカイブ

2007年07月02日

保育参観

6月30日土曜日の保育参観にたくさんご参加いただきまして感謝いたします。
ありがとうございました。
大きな声で歌をうたう子どもたち、にこにこと活動する子どもたちを見て、私はウルウルときてしまいました。
子どもの力はすごいと感じます。

参観後職員会議で参観の反省を出し合いました。
明日からの保育につなげていこうと思います。

2007年07月09日

目をみつめて話していますか。

子どもの目をみつめて話しをする時間は一日にどれくらいあるでしょう。
意外に「ながらの話し」になっていませんか。
目を見て話しをする時間は少しで良いのです。
「ねーねー」「うん?なあに?」とみつめる。「これ、おいしいねー」とみつめる。ほんの一瞬でも良いのです。みつめて話すことで、返事を返すことで今、その時間を共有している証になります。
子どもはそれだけでとっても安心します。
毎日の親との関係が子どもの心に人を信じるという、とても大切な「基本的信頼感」の感情を育てていきます。
ん?きっとこれは大人の関係でも使える!
時間にして15秒ほどのみつめて話すことの繰り返しで、夫婦円満、愛情復活!
まちがいない。

2007年07月17日

お見舞い申し上げます。

 今回の新潟地震で被害に遭われた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
テレビのニュースなどで映像をみて一日でも早い復旧をと心から願います。

 今朝の「朝の集い」で子どもたちに地震のことを話しましたら、「ニュースでみた。パパ、ママに聞いた。」と、幼児クラスの子どもたちのほとんどが知っていました。
 天災はいつどこで起こるかわかりませんが、だからこそ、その場で自分に出来ることは何なのか、危険回避能力を幼児期から身につけることは必須です。
 地震が起きたらまず入り口を開ける、火事に遭ったら身を低くして煙を吸わないように鼻口をおさえる。この事を知っていて行動するのとしないのとで、命運を分けることもあるかと思います。
 毎月行っています避難訓練を丁寧に行い、子どもたち一人ひとり、そして職員の危機管理能力を高めて、生きる力を培っていく生きた訓練にしたいと思います。
 阪神淡路の震災に遭われた方と話しをする機会があり、「もしもの震災に備え何を用意してたら良いですか」と聞くと、「1番重要なものは、水です。ペットボトルの水を1ケース常備しておくことを勧めます。」と教えていただきました。

2007年07月21日

夏祭り・お泊り交流会

1週間延びた「夏祭り」が終わりました。
保護者の方々が何度も役員会を開き、保育所とも話し合いを重ねていただいたおかげで、保護者の方と保育所が協力し合え、とっても充実したものとなりました。
本当に感謝です。
どの子どもの顔も、どの大人の顔も笑っていました。
大人は子どものうれしい笑顔を見るとパワーをもらいますね。
「子どもの幸福なくして大人の幸福はありえない。」の言葉を実感した時間でした。
ありがとうございました。
 今、「お泊り交流会」で子どもたちがやっと寝たところです。
この行事も5歳児ろけっと組保護者の手作り行事です。
夏祭り後、一旦家に帰り午後8:00に集合。
子どもたちは石鹸の良い匂いをさせて少々興奮気味に保育所に入ってきました。
1階の保育室で待っていると、担任のT先生が素敵な手作りドレスを着て宝物を持って登場。そこへ何やら怪しげな声。。。海賊が現われ「はははー宝物と先生はもらっていく!取り返しに来い!」と退場。子どもたちは目が点。。。           続きは次回に。。。

2007年07月24日

お泊り交流会

 海賊に扮するは保護者のお父さん、そのお父さんがアメリカ人なのでまた見事に PIRATES OF THECARIBBEAN! 男性保育士のN先生もジャック・スパローになりきり大熱演!(また衣装が凝っている。お父さんは本物のパイレーツに見せるためなんと自分のズボンを破いて下さり、しましまのシャツにバンダナ、極めつけは眼帯です。N先生の三つあみ姿も似合っていました。)
子どもたちはT先生が連れ去られた後、ダダダッと入り口に駆け寄り助けに行こうとします。(そう、まるで学園ドラマの生徒の様でした。)
それを保護者のひとりが両手を広げ静止し、「グループになって助けに行こう。みんなで協力するんだぞ」と話します。
ここまでくると子どもたちは怖がりません。「いくぞー!」
グループは5つ。ポケモン、ディズニーランド、デジモン、ドラゴンボール、ディアルガ。
それぞれのグループはたった一つの懐中電灯を持ち、階段をそろりそろりとあがって廊下を渡り、わがクラスの前まできた時、「わー!」とパイレーツがでてきます。「きゃー!」「わーー!」パイレーツは何やら英語で話します。「えーほんまの英語やー、じゃんけんするんやて!」ホンマもんのパイレーツとじゃんけんをして勝つと部屋に入れます。入っていくとN先生扮するジャック・スパローが待ち受けています。
みんなで力を合わせて腕相撲で勝負。ジャック・スパローを見事に破り子どもたちは意気揚々と暗い階段もなんのその。宝物とT先生を取り戻して帰ります。
なんて、ドキドキ、ワクワクのシナリオでしょう。子どもたちはこの体験を、きっと忘れないと思います。


About 2007年07月

2007年07月にブログ「ひかりだい保育所のおひさまブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年06月です。

次のアーカイブは2007年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34